~尖がりすぎ!?色々おかしい、レトロでアメコミ風の『キャンディー家族』が登場~ King、キャンディークラッシュ3作の新CMシリーズを発表 「キャンディー家族篇」を7月30日(土)より全国で順次放映開始!

2016.07.28
キング・デジタル・エンターテインメント

 

A_C21

 

 

 

東京、2016年7月28日:カジュアルエンターテインメントカンパニーとして業界をリードするKingは、「キャンディークラッシュ」、「キャンディークラッシュソーダ」、「キャンディークラッシュゼリー」からなるキャンディークラッシュ3作の新CMシリーズ「キャンディー家族篇」の4種類を、7月30日(土)より全国で順次放映開始いたします。

今回の新CMでは、レトロなアメコミ風タッチで描かれたキャンディー家族が登場します。登場人物にはゲームの名前がついており、声に聞き覚えのある(!?)お母様の「キャンディークラッシュ」、姉の「キャンディーソーダ」、妹の「キャンディーゼリー」、そして“ただの大金持ち”、“浮気の王様”、と、CMの中で散々な呼び方をされるお父様が登場します。

本作は突っ込みどころが満載で、どこか腹立たしくクレイジーなキャンディー家族の日常を垣間見ることができるストーリーとなっています。“ただの大金持ち”な一家の住まいは、まさにお菓子の豪邸そのもので外観から内装まで全てがド派手。お母様を筆頭にキャンディークラッシュシリーズが大好きな一家ですが、気の多い(?)お母様は他のゲームに目移りしてしまった様子。
一家の際立つ濃いキャラクターとファッション、そして彼等が果たしてキャンディークラッシュシリーズに戻ってきてくれるのか、が見所となっています。

今までにない、斬新な角度からキャンディークラッシュの3作を描いた本作。ポップな色使いや各シーンの細部までがこだわり抜かれていますのでぜひ注目してご覧ください。

■CM概要
・CMタイトル       : 「キャンディー家族篇A」、「キャンディー家族篇B」(各15秒)
・CM放映期間      :2016年7月30日(土)~
・CM放映エリア     :全国(局により放映CMが異なる場合がございます)

■制作スタッフ
・企画、制作      :dof + 電通 + Watson-Crick Inc..

■「キャンディークラッシュ」シリーズとは
「キャンディー王国での大冒険」をテーマに、マジカルでキュートな世界を楽しみながらステージをクリアしていく、Kingの代表的な3マッチパズルゲームです。
2012年に「キャンディークラッシュ」がリリースされて以来、世界中の多くの方にプレイされており、現在では「キャンディークラッシュソーダ」および、「キャンディークラッシュゼリー」も姉妹作として展開されています。

【King について】
キング・デジタル・エンターテインメント(以下King)は、モバイル業界をリードしているカジュアルエンターテインメントカンパニーです。2016年の第一四半期には、月間アクティブユーザー4.63億人のネットワークを誇り、200以上のオリジナル・コンテンツをking.com、royalgames.com、Facebook、モバイル配信(Apple App Store、Google Play Store、Amazon Appstore)など世界中に展開しています。Kingは、2016年2月にアクティビジョン・ブリザード(NASDAQ: ATVI)の傘下になり、ストックホルム、マルメ、ロンドン、バルセロナ、ベルリン、シンガポールおよびシアトルにゲームスタジオを持ち、サンフランシスコ、マルタ、ソウル、東京、上海およびブカレストに拠点を構えています。
(C) 2016 King.com Ltd.、 King、King冠ロゴ、キャンディークラッシュ、キャンディークラッシュソーダ、キャンディークラッシュゼリーとその関連マークはKing.com Ltdおよび関係企業の商標です。