関ジャニ∞がキュートな女の子に大変身 ガールズユニット“キャンジャニ∞”を結成!“キャンディークラッシュソーダ”TVCM

2015.05.01
キング・デジタル・エンターテインメント

東京、2015年5月1日:カジュアルエンターテインメントカンパニーとして業界をリードするキング・デジタル・エンターテインメント(NYSE: KING、以降King)は、今年1月にリリースをした「キャンディークラッシュソーダ」のTVCMキャラクターに、関ジャニ∞を起用し、2015年5月1日(金)より全国でTVCMを放映開始いたします。

「キャンディークラッシュソーダ」はKingの代表作「キャンディークラッシュ」の姉妹作であり、両ゲーム合わせて世界中で1日平均9億5700万回プレイ※されています。ゲームテーマである「キャンディー王国」の世界感を引き継ぎつつも、パープルのソーダや新たなキャンディーコンビネーションなど楽しい要素が多数加わっており、「キャンディークラッシュ」ファンの方はもちろん、新たに「キャンディークラッシュ」シリーズをプレイされる方にもお楽しみいただけるゲームです。 (※:2014年Q4 1日あたりの平均ゲームプレイ数)

今回、「キャンディークラッシュソーダ」の新CMキャラクターに人気グループ 関ジャニ∞を起用。メンバー7人がキュートな女の子に大変身し、ガールズユニット“キャンジャニ∞”を結成しました。 横山さんは「横子」、村上さんは「村子」、丸山さんは「丸子」、安田さんは「安子」、大倉さんは「倉子」、渋谷さんは「すば子」、錦戸さんは「錦子」として、それぞれかわいい女の子に扮し、オリジナルの制服に身を包んだユニットになっています。

5月1日(金)から放送する「自己紹介」篇のほか、各メンバー毎の「ひとりずつ」篇も随時放送します。フラフープやリコーダー、シャボン玉など、ポップなアイテムを使い、かわいく魅せることに徹底的にこだわり、それぞれのメンバーのキュートな表情やしぐさが見どころのCMになっています。

今後も、ガールズユニット“キャンジャニ∞”の活動にご期待ください。

【CM概要】                                             
CMタイトル:「自己紹介」篇(計3種<15秒2種類・30秒1種類>)、「ひとりずつ」篇(詳細未定)                                        
・CM放映期間  :2015年5月1日(金)~ ※ひとりずつ篇は随時開始
・CM放映エリア  :全国
・出演  :関ジャニ∞

キャンディークラッシュソーダのTVCM 「自己紹介」篇、「ひとりずつ」篇は、2015年5月1日(金)より、『King Japan』ホームページ内のCM特設サイトにて随時公開致します。King Japanホームページ: http://jp.king.com/adview/index

【CM撮影エピソード・出演者コメント】
■横山さん
横山さんから、撮影がスタート。「こんな感じですみません・・・」と謙遜した言葉とともにボブカットの女の子の姿で現れた横山さん。スタッフの「かわいい」という声とは裏腹に、自分の携帯電話で自身の女の子姿を自撮りし、チェックすると「アカンわ、やっぱり!」とコメント。

スマホをもってポーズを決めるシーンでは、「スマホをかわいく持ったことがないからなー」とかわいくみせるのに苦戦。「キャンジャニの横子です」と女の子の高い声で言うや、「気持ち悪い!」と、恥ずかしさを耐えられない様子でしたが、最後は、女の子らしい演技にも吹っ切れてきて、「楽しいですね」とコメントされていました。

横山さんコメント:「周りの大人たちが凄く似合っていると言っていましたが全く信じられませんでした(笑)」

■丸山さん
 「かわいー」とスタッフ大絶賛の声に迎えられ登場した丸山さん。女の子の声まねで「お願いしま〜す♪」と、早速ノリノリでした。監督からの「いいですよ〜」 「すごくかわいいと思います。」というお褒めの言葉にも、「ありがとうございます♪」と女の子声で返答。スタジオ中が笑いに包まれました。

撮影が始まると、監督もすっかりメロメロの様子で、「かわいい…」を連発。本気のトーンの「かわいい…」に、丸山さんは「監督、止めてください。ちょっと怖いっす(笑)」と戸惑う場面も。女の子ならではの動きをしっかり研究し、「女の子って面白いなー」とぽろり。スタッフからも女の子姿が絶賛だった丸山さん。終始ノリノリで、楽しい撮影となりました。

丸山さんコメント:「女性メイクでこんなにキレイにしてもらって、とても感激でした! 男性カメラマンの目線が怖かったです(笑)」

■大倉さん
おさげ姿で正統派美少女に変身した大倉さん。数々の女の子らしいしぐさのオーダーに、「頑張っていきます!」とコメントするものの、カットがかかると恥ずかしさに悶絶していました。

アイテムを使っての撮影は、シャボン玉を使っての撮影。なかなかうまくシャボン玉ができず、「下手くそやな・・・」とポロリ。しかし、最後はシャボン玉に囲まれて、素敵な映像が完成しました。

大倉さんコメント:「すごく恥ずかしかったです、、、が、皆さんの反応が楽しみです。」

■安田さん
安田さんはショートカットの女の子に変身。先に撮影をしたメンバーの映像を見て、「なんとも言えない気持ちになりますねぇ。」と苦笑い。撮影を始める前に、「しばし気持ち悪い時間におつきあいください(笑)」とコメント。アットホームな空気の中、撮影が進みました。

「全力で頑張ります!」というコメント通り、顔の角度や、表情も自ら提案。「今のよかったですね!」と自ら満足の仕上がりとなりました。また、2本のフラフープを回しながら、笑顔を決めるという難しい撮影にも挑戦。さすがの運動神経で見事に成功し、スタッフから笑いと拍手が起こりました。

安田さんコメント:「お母さんとお姉ちゃんにそっくりでびっくりしました。スカートが凄くスースーしました。」

■錦戸さん
「あはははは!」と自分の姿に大爆笑しながら登場した錦戸さん。女の子ポーズに笑いが堪えられない様子。「(自分の中の)何かが音をたてて崩れ落ちた・・・(笑)」と、衝撃を受けていました。

撮影が進んでもカットがかかると、恥ずかしさに笑いが漏れる錦戸さん。アイスをかわいく舐めるシーンでは、監督の「もっとかわいく」というオーダーに、「だってやったことないもん!(笑)」と苦戦していましたが、最後はスタッフからも「錦子ちゃん、かわいい」と大絶賛の仕上がりとなりました。

錦戸さんコメント:「(他のメンバーとの)かわいさランキングを付けたら、最下位ではないな、と確信しました(笑)」

■村上さん
女性の姿にもふっきれた様子で明るくスタジオ入りした村上さん。先に撮影をしたメンバーの映像を見て、「(安田さんに対して)完全に俺の方が可愛い」、「(丸山さんに対して)圧勝ですわ」と、余裕のコメントをされていました。

撮影が開始し、「キャンジャニの村子です♪」とノリノリでセリフを言うものの、コメントにつまった監督さんに対して、「何困ってますの?」とすかさずツッコミ。また、シュールなセリフに、監督自身が笑ってしまい、「笑ってますがな!!」とツッコミ。さらに、自身のプレビュー映像をみて「いや、かわいいっす!」と、自画自賛していました。終始、村上さんの絶妙なツッコミが冴えわたる、にぎやかな撮影となりました。

村上さんコメント:「悪くはないと思いました。(他のメンバーと比べて、)1位になるとは言いませんが、
2位か3位じゃないかと思います(笑)」

■渋谷さん
最後の撮影になったのが、サラサラのロングストレートの女の子に変身した渋谷さん。「できるかなぁ…」と不安な様子で、カメラ前へ。まずは、女の子らしいポーズをとると、「くぁ…っ!」と恥ずかしさのあまり声が漏れます。

「関ジャニのすば子です♪」というセリフに、カットがかかると自ら失笑。しかし、かわいい女の子の格好のまま「おかん」の真似をしたり、謎にイカを持ったり、見た目とのギャップがシュールなシーンも多く、渋谷さんの演技が光る仕上がりになりました。

渋谷さんコメント:「オカンそっくりでびっくりしました!(笑)」

【出演者プロフィール】
横山 裕 1981年5月9日生まれ 大阪府出身 A型
渋谷 すばる 1981年9月22日生まれ 大阪府出身 O型
村上 信五 1982年1月26日生まれ 大阪府出身 AB型
丸山 隆平 1983年11月26日生まれ 京都府出身 A型
安田 章大 1984年9月11日生まれ 兵庫県出身 A型
錦戸 亮 1984年11月3日生まれ 大阪府出身 O型
大倉 忠義 1985年5月16日生まれ 大阪府出身 O型

【製作スタッフ】
企画・制作: dof + 電通 + Watson-Crick Inc. + Soda!

【ご参考:Kingについて】
キング・デジタル・エンターテインメント(NYSE:KING)は、モバイル業界をリードしているカジュアルエンターテインメントカンパニーです。2014年の第四四半期には、月間ユニークユーザー3.56億人のネットワークを誇り、195以上のオリジナル・コンテンツをking.com、royalgames.com、Facebook、モバイル配信(Apple App Store、Google Play Store、Amazon Appstore)など200カ国以上で展開しています。またストックホルム、ブカレスト、マルメ、ロンドン、バルセロナ、ベルリンおよびシンガポールにゲームスタジオを持ち、サンフランシスコ、マルタ、ソウル、東京および上海に拠点を構えています。

(C) 2015 King.com Ltd.、 King、King冠ロゴ、キャンディークラッシュ、キャンディークラッシュソーダとその関連マークはKing.com Ltdおよび関係企業の商標です。